2011年01月31日

「高級=良いもの」という発想からか

モダン焼きモダン焼き(「そばのせ」とも言う)は、関西風お好み焼きの一種で、具材に焼きそば用の茹でた(あるいは蒸した)中華麺を生地に混ぜ、または通常のお好み焼きに重ね、焼いたもの。サービス形態名古屋駅地下にある喫茶店ベルヘラルドのモーニングサービス。こちらはランチョンミートがプレスハムとは違い加熱後にも余り硬くならないため、簡単に噛み切れるものとなっており、加えてランチョンミート自体に強い塩味が付いているため、ソースはあまりつける必要がない。腰に着けた工具ベルト(安全帯・胴綱)へ安全・コンパクトに収納できることから、旧来からのものは折りたたみ式であるが、高所作業の多い電気工事の現場では刃を出し入れしなければならない作業効率の悪さから、最近では折りたたみ機構を廃しベルトに吊るプラスチック製の鞘とセットになった電工ナイフがよく使用される。しかし、広島市中心部などで卓上にセルフサービス用のマヨネーズを置いている店がある。番組宣伝のナレーションに至ってはクレヨンしんちゃんのCM風(「見ればぁ〜」と媚びない感じのところ)になっていた。マンガ肉の特徴* どの作品にも共通するのは、「一本の骨を覆う巨大な肉塊」であること。サンドイッチやハンバーガー[3]の具とされることもある。日本国内では、なにごとも「高級=良いもの」という発想からか、高級さを目指したベクトルも見られる[1]。横須賀海軍カレーは原則として、カレーライス、サラダ、牛乳の3点をセットで提供する。


卸市場で安くブランド牛が買えるお店を紹介
仙台で牛を育てるのが長年の夢だった僕は
国産牛品種改良にまつわる感動エピソード
posted by wakana73791 at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。